神戸製鋼、サントリーに競り勝つ。 - ラグビー愛好日記 | J SPORTSコラム&ニュース

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

126日は朝から神戸に向かった。トップリーグの試合でこんなに席が埋まっているノエビアスタジアム神戸を見るのは初めてだった。観客は、26,312人。まるでラグビーワールドカップが戻ってきたようだ。日本代表選手が多かったこともあるだろう。神戸製鋼コベルコスティーラーズは、PR中島イシレリ、CTBラファエレ ティモシー、FB山中亮平。サントリーサンゴリアスは、SH流大、CTB中村亮土、FB松島幸太朗、FLツイ ヘンドリック、HO北出卓也である。

試合は、午後1時キックオフ。その直後からサントリーが流れをつかむ。自陣からボールを確保しつつ連続攻撃。前半4分、神戸製鋼のディフェンスの乱れを突いて、SO田村煕が先制トライをあげる。10分、神戸製鋼もSOダン・カーターがPGを返したが、15分、サントリーは松島の突破からWTBテビタ・リーが左コーナーへ。完全にトライを思われたが、グラウンディングの際にゴールライン手前でボールをこぼしており、ノートライ。痛恨のミスだった。

20分、田村のPGでスコアは、310とサントリーがリードするが、神戸製鋼は24分、山中が自陣からのカウンターアタックで抜け出し、カーターのキックパスなどでゴールに迫ると、最後は山中がポスト左に走り込む。これで1010。その後も素早いリアクションの攻防で緊張感ある戦いが続いた。2016と神戸製鋼リードで迎えた後半5分、神戸製鋼はCTBリチャード・バックマンがタックルをかわしながらインゴールへキック。追いかけたWTBアンダーソン フレイザーが松島と競り合いながらグラウンディングして2516とする。その後、バックマンがトライを追加。サントリーも追い上げたが届かず。終了間際、SOマット・ギタウのPGで3529とし、7点差以内の負けに与えられるボーナス点を獲得するにとどまった。

マン・オブ・ザ・マッチは、再三力強いボールキャリーを披露した中島イシレリ。僕は山中亮平、ブロディ・レタリック、トム・フランクリンあたりでも良かったのではないかと感じた。レタリックは終盤、サントリーのラインアウトでボールをスチールしてチャンスの芽を摘むなど、価値あるプレーが多かった。山中の思い切りの良いカウンターアタックからのトライも見事だった。

26日は2試合が行われたが、25日の6試合(2試合開催の試合は2試合目を加算)と合計すると、総観客数は、66,926人。12節よりも減少したが、日本代表選手が両チームに多数含まれるカードが減った中で、高い観客動員力を保ったとも言えるだろう。